50系の後を継ぐロングホイールベースモデル。
ランドクルーザー60系は、1980年に登場し、それまでの55型よりも大型になり、現在の200系ランクルの祖先ともいえそうなモデル。

ステーションワゴンのラインナップに初めてディーゼルエンジンが加わった。

モデル末期、4000VXワゴン追加。このモデルはランクル100系、200系に繋がるような大排気量のガソリンエンジン搭載モデルとなる。

1980年、ステーションワゴン、55型の後継車種として登場。

エンジンはガソリンが2F型の4.2L、ディーゼルは4.0L6気筒の2H型と3.4L4気筒の3B型が搭載。
ワゴンにもディーゼルエンジンが搭載され、ランクルがワゴンもディーゼル主体となったモデル。


1984年、70系のデビューに合わせマイナーチェンジ。
2F型から3F型にディーゼルエンジンが変更、高回転型になったものの排ガス対策のため、力強さはダウン。
しかし、ステップの追加やバンパーデザインを変えるなど、外観上での力強さをアピールをした。

1985年、60系はディーゼルターボをデビュー。
12H-T型という2H型エンジンを直噴化したエンジンを追加。

1987年、ヘッドライトを角型の4灯式デザインに変更。内装もオーディオスペースの改善。
1988年(60系のモデル末期)、電子制御タイプのガソリンエンジン3F-E型を搭載した4000VXワゴンを追加。

ランクル60系は次世代の80系開発が遅れたことにより、1990年初頭まで生産を行なっている。

エンジン、ボディバリエーション、内装、かなりの小変更や追加をしたモデルで、国内での高級四輪駆動車としての開発だけでなく、トヨタが世界に通じるモデルつくりの為、試行錯誤を繰り返したクルマともいえる。

表示モード: PC モバイル版表示