ロングセラーモデル40系の後を継いで登場したモデル。 ランドクルーザー70系は、名車とうたわれる40系の系譜をつぎ、1984年にデビュー。

一般にヘビーデューティーなクロカンを70系と読ばれている。トヨタはライト系の70も用意し、その後プラドへと発展させ、それに対してランクルヘビーデューティー系の70は、山林作業車などにも使われている。

一見無骨な70系ランクルだが、それでも40系に比べるとおとなしいデザインだ。
登場から約20年経った2004年,国内販売は中止されたものの海外向けとしては今だに生産が続けられている。 ランクル70系はトヨタにとって最後のRVとも言える名車、40系に比べると大きくなったボディや、プラドの影に隠れがちだが、ランドクルーザーの歴史を語る上では外せないクルマなのである。

2007年3月、オーストラリアを皮切りに、フロント周りの意匠を大幅変更した新型がデビュー。

これは新型のV型8気筒(1VD-FTV)ディーゼルエンジン(4461cc、インタークーラーターボ)を今までの狭いエンジンベイに収めるにあたり、余裕がなかったためと思われる。

1984年のデビュー以降、フロントマスクの変更は3度行われているが、ボンネット全体が大きく変更されたのはこれが初めてとなる。

国内でのランドクルーザーは、70系はワークホース、クロスカントリー、RVなどといったオフローダーとして60系の裏で登場。その後60系は80系へと進化、SUV色が強くなり、ヘビー系のランクルは70系が担当を続けることになる。

現在も70系ランドクルーザーには後継車種がなく、一部海外では直噴式インタークーラー付きディーゼルターボ、1VD-FTV型エンジンを搭載して販売されている。

1VD-FTV型ディーゼルエンジンは、DOCHV型8気筒4461ccのスペックを誇るので、ランクル70としては相当な走りが期待できそうだ。


現在国内ではトヨタのラインナップから外れているが、ハイエースのようにディーゼルエンジンの規制をクリアして、ラインナップに復活してほしい車である。

表示モード: PC モバイル版表示