トヨタのランドクルーザー初代型。

1951年から1955年にかけて生産。
BJ型とFJ型と呼ばれるモデル。

ランクルの初代となるBJ型は、トヨタ・ジープBJ型とよばれ小型トラックであるBS型のシャーシを改良した四輪駆動を採用。

ランドクルーザーは開発当初から4WDモデルとしてデビューしており、まさに歴史の第一歩はワークホースと呼べるような、ヘビーデューティーなRV車だった。

エンジンは6気筒3,400CCのOHV方式、初代B型を搭載。「B型」エンジンを搭載した「Jeep」型車ということで型式は「BJ型」となった。

実は当時のトヨタには高性能な4気筒エンジンが無かった為、6気筒のエンジンを搭載。ところがこれが4気筒エンジンを搭載するウイリス・ジープの性能を凌ぐ性能を得た。


ランクルは、基本型の「BJT型」(ツーリング)、無線連絡車の「BJR型」(ラジオ)、消防用シャーシの「BJJ型」の3タイプがカタログモデルとなっている。
1954年、F型エンジンを搭載するモデルが消防車専用として開発、これはB型同様大型トラック用のエンジンで、以後ランクルとは切っても切れない関係となるが、この時期はまだ消防用シャーシ「FJJ型」専用であった。

同年6月、「ジープ」という名称が米国ウィリス・オーバーランド社(当時)の商標権に抵触するため、ランドクルーザーと改名された。英国ローバー社の有名な四輪駆動車ランドローバーに対抗し、ROVER(海賊、海賊船)を駆逐するという意気込みを込め、「巡洋艦」を用いての命名であった。
<バリエーション>
ホイールベース:2400mm
エンジン ガソリン2種類:B型(直6/OHV/3386 cc)F型(直6/OHV/3878 cc)
ボディタイプ キャンバストップ3種類:基本形BJT(ツーリング)無線連絡用BJR(ラジオ)消防用BJJ

<トヨタジープの仕様>
車両重量:1100kg      最大積載量:500kg      全長:3793mm      幅:1575mm      高さ:1600mm
前輪トレッド:1300mm      後輪トレッド:1350mm
エンジン:6気筒/OHV/B 型4サイクルガソリンエンジン/3386cc      シリンダー:84×101.6
圧縮比:6.4:1      出力:82hp/3000rpm      最高速度:* km      回転半径:*m
燃料タンク容量:57.51L 補助タンク20L      変速機:前進4速、後進1速      副変速機:1:1

表示モード: PC モバイル版表示